FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れる

きんたろうさんのセッションの復習を、と
前回のメモを読んだ。

すっかり忘れてしまっていることばかり・・。
特に、自分で忘れていてショックだったのは、
怒りについて。

「怒りはせつなさをごまかすためのもの。
怒りを出し切り、謝っていくことで、
自分を一回成仏させる。」

セッションの後、「夫に八つ当たりOK」が頭に残って、
それを思うほどに
「そんなこと、分かっていてするなんて、できない!!」
と余計に怒りを出せなくなる気持ちになった。

どうしよう、このままではいけない。
夫に怒りを出し切りたいこと話して、理解してもらえばいいだろうか。
そんなこと言ったら見捨てられるんではないか。
どう考えてもこんな理不尽なこと私だったらいやだ。逃げる。
怖い!

そして、夫に言い出せないまま忘れました・・。


「私は、親に何も言えなかったから、歪み、人に分からない形で伝えようとしている。
何が悲しかったか説明できないまま、自分の中に持ち続け、
表現ができなくなり、パニックになっていく。
それでも、親は、きらいになれない。
だから、苦しい。

娘も同じ。
私をきらいになれない。」

ひとつひとつのメモした言葉が、ちくちくして痛い。
私は、逃げていた。
逃げ回っていたんだ。

夫に怒りきることが、無理なら、車に乗って叫ぶことから始めてみよう。
回復には遠回りしてしまう。
でも、できることから、やってみるしかないんだ。












スポンサーサイト
« Previous Entry Next Entry »

「忘れる 」へのコメント

こんにちは

今日の記事は、私の中の奥深い所に響きました。
「怒り」の感情、私はどこかへ置き忘れていたようです。
それを探しに行かなければならないのだとわかりました。

気づきをありがとうございます。

けいさんへ

けいさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
けいさんのブログ、読ませていただきました。
うなずく所がたくさんあって、私はけいさんと似てる部分があるのかなあと感じています。
わたしも気づきをいただいていきたいと思います。

> 「怒り」の感情、私はどこかへ置き忘れていたようです。
> それを探しに行かなければならないのだとわかりました。

怒りを、感情を、探しに行くんですね。
私もご一緒させてください。





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「忘れる 」へのトラックバック

http://aovsnenne.blog109.fc2.com/tb.php/127-32623a02

プロフィール

ぽっと

Author:ぽっと
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。