FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行の反動

旅行で、ディズニーランドに行ってきました。
中に入るやいなや、遭遇したミニパレードに私は夫と娘を置き去りにして駆け出し、
「ミッキ~!!キャー!」と叫んでいました^^;。
以前は、そうする友達を後ろでぼーぜんと見ていたのに。
そんな自分に、幸せ感がわきました。
娘のために旅行先を選んだつもりが、私が行きたかったんですね・・。

その後は、気持ちが上がりすぎないよう、自重したつもりでした。
けれどもやっぱり、楽しくて・・。
楽しむ罪悪感?不安?がじわじわと広がっていたようです。
私は、旅終盤から切れ出してしまいました。

帰ったら、母からメールが来ていました。
単に私のことを気にかけている文章でした。
普段は、母から連絡があること自体珍しいことです。
気づいたのは2日後でしたが、このメールで私はますます数か月前の自分に戻ったような状態になりました。

先月、母から業務連絡的なメールがありました。
私の素っ気ない返事に対する、この最悪とも思えるタイミングでのメール。
母から離れようとする私の気持ちを引き留めるためのものだと思います。

私の無意識が一番求めている、母の愛情。
「あきらめた」なんて宣言したからって簡単にそうできるものではないと、
今回の私の切れ具合、理不尽さで、いやっていうほど感じました。

「どうしたらいいのかわからない。」
と、夜中まで夫に愚痴って泣きました。
ここ一か月、夫に訴えをしてはいけないと、自分の話をするのを避けてきたのですが、
どうにも止まりませんでした。
いとこのメール、母のメール、数か月前の状態に引き戻されていること、
夫にもひどいこと言ったのにあやまれないこと。
どうすればいいのか、セッションで方向を教えてもらってわかっているのにできない、したくないこと。
心に浮かぶこと全部、吐き出しました。

夫の言ってくれた言葉が、胸にしみました。
「子育てが完璧にできないって言ってるように聞こえるよ。完璧にできる人なんていないと思うよ。」
「(回復するのは)気長にやっていいんだよ。自分は、そばにいるから大丈夫。」

逆の立場だったら私は、離婚すると思います・・。
だから、今まで私は夫の言葉がどこか信じられないでいたのだと思います。
娘に、夫にひどすぎることをする自分のことも、許せない気持ちが強くて居心地が悪かった。

夫への依存かもしれない。
けれど、私は、ここにいてもいいのかもしれない、と思いました。
大きな安心感を、夫にもらいました。

今は、母のメールに返信しません。
私の無意識を、母に傾かせたくない。
罪悪感は、押しのけます。





スポンサーサイト
« Previous Entry Next Entry »

「旅行の反動 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「旅行の反動 」へのトラックバック

http://aovsnenne.blog109.fc2.com/tb.php/221-cdb77297

プロフィール

ぽっと

Author:ぽっと
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。