FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月GS覚書

①魚市場の話で、私も母と市場に行ったことを思い出した。
  北海道旅行で、市場のうにいくら丼食べた。
  たぶん、横浜や築地の市場も行っている。
  市場ではないけれど、三崎に母と弟と3人でねぎとろ丼を食べに行った。
  美味しかった気がする。
  
②疑問を持つ。
 私は子供に、疑問を持っているところと無いところがある。
 →食事、睡眠、お風呂、保育園に行きたがらない日があること。
 (私自身に問題があって、それがはっきりしないから変なのか。)
 疑問を持っていなかったことが疑問を持ち出したこと
 →私の声のトーン、表情の変化を意識し出した。何故ここで変わるのか?
  疑問を持っていることと連動していそう。
 疑問を持っていないこと
 →私が物音をどう立てているか。夫が「洗濯には手出し出来ない」と
  どうして言ったのか。洗濯に関して、四角い箱で閉じ込めている感覚がある。

③母と心から笑った記憶
  出てこない。

④私は赤が好き。車とパンチバックが赤。赤い服多い。
  (私、娘もピンク好きだと思い込んでいた)
  娘に赤を仕向けている。(塗り絵に赤多用)
  昔の写真を見たら、母が赤の羽織と草履をコーデしている写真があった。
  母親が赤色で緩んでいるとき、子供は安心するから選ぶのか。
  
⑤子供を叱るための正当性
  何層もあるから、一つ崩れても大丈夫。
  例)娘、お風呂の水出しっぱなし2時間気が付かず。
→私「水はタダじゃない、無駄に出した水で、うまい棒が100個買える。
 お父さんが働いてくれたお金を捨てるようなもの・・・」
 エンドレス説教をやっと自分で止めた。
 正当性1水は大切に(世間体)2お金の無駄(うちはお金持ちではない)
 3私は、食器洗う必要な時でさえ、最小限の水で我慢している。

本当は、水出しっぱなしにして私が怒られたことがあるのかもしれない。
怒られる恐怖ですぐに止めさせたくて、怒りが噴出する可能性大。
もう二度としないで、という威嚇も入っていると思うが、
娘は二回連続やった。
私が矛盾していることは自分でもうすうす分かっている。

私の恐怖心に近づかないために、何重崩されても大丈夫な正当性を
準備している。

⑥娘にこちょこちょする。
 反応を見る。「やめてよ!」
         「キャー♡」
 娘は、やめてよ!が最近増えてきた。

外食で座るなら、子供の横に座る。右か左、どっちが話しやすいかも考える。

⑦母親が常に怯えていると、家族のだれも休まらない。
  私は、他人に、幻の母親に怒られないか、怯えている。
  家族から可哀そうと思われない為に、別の問題を瞬時に作る。
  例)レストランで、娘だけがビックパフェを頼んだ。
     私は我慢した。どうせ食べきれないから、残りを食べよう。
     その日は、娘が珍しくお子様セットを平らげた。
     パフェが来た瞬間、私はパフェのスプーン入れに
     使用済のスプーンを入れた。
     それをゼリーを落とすことで自分の記憶を飛ばした。
      忘れている正当性で娘がやったことにする。
     「きれいなスプーン入れに使ったスプーン入れちゃダメじゃない。」
     私は教育的なこと教えてますよ的トンチンカンを
     子供が混乱するように押しつける。
      「私、してないよ」と娘は言った。その言葉で自分の言動に
     疑問を持った。
     
     先に食べようが後に食べようが、デザートを頼むという行為に私は怒る。
     私が頼めなかったという記憶は無いし、嫉妬なら屈辱だから言えない。
     子供は私の意図的操作に報われない。
     私の気持ちを常に読んでも、だめで、布石を打つことを学ぶ。

     古典的AC→タイムラグ多い。その間に正当性を作る。常識的に見せる。
     タイムラグの長さ=欠損の多さ。バランス良く積み重ねる。
     母親と重ねようと思ってもピンと来ない。

  ⑧母親への怒りの記憶
   6年前、私は自分がACだと気が付いてから
   40年母親に騙されてきたと感じた。
   私を不幸にしたのは、母親だった。
   そんな表現力さえ無く、次々入る今まで
   スルーしてきた不快のショックと怒りを母親にぶちまけた。
   嵐のように怒鳴りまくり、合間に母は、「近所に聞こえる」
   と窓をぴしゃっと閉める。
   私が怒っているのに、世間体しか気にしない母親。
   ますますエスカレートする私の叫び。
   我慢して聞く母。
   それでも「私は一生ここに住むのに、近所に顔向けできない。
   どうしてくれるの。」とあくまでトンチンカンな世間体しか気にしなかった。
   
   母は、変わらない。

   母と同じトンチンカン(=ポイントがずれている)な言動をする私が変わる。
   
  
  




  

   
スポンサーサイト
« Previous Entry Next Entry »

「6月GS覚書 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぽっと

Author:ぽっと
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。